過食・拒食症、摂食障害でお悩みのあなたへ

         「ストレスから食べ過ぎてしまう」

         「食べた後に吐いてしまう」

         「体重が増えたり、太るのが怖い」

         「食べた後に自己嫌悪に陥る」

         「倦怠感、体調不良が続いている」

「暴食・嘔吐と拒食を繰り返している」

食事は、生きていくうえでの栄養補給として欠かせないものです。

同時に、食事の楽しみは心の豊かさにもつながります。

ところが、強いストレスなどによって、食欲が全くなくなってしまったり、逆に異

常に食欲が増してしまったりすることがあります。

そういう状態が続くことを、摂食障害といいます。

摂食障害を誰にも相談できなかったり、辛い状態でも周りの人の理解を得られなか

ったり…。

一人で苦しんでいる方は、多いことと思います。

摂食障害(過食・拒食症)の原因として、一般的に考えられていること

・人間関係のストレス?

・生活環境や家庭環境のせい?

・孤独感が強い?

・やせたい願望が強い?

・ダイエットのし過ぎ?

・生まれつきの性格?

・心、精神が弱い? 甘えている?

・脳や神経に異常がある?

病院では「心の病気」として、カウンセリングや向精神薬が処方されることが多い

ようです。

食べたくない、食べてしまう、吐いてしまう、体調が悪くて精神的にも辛い…。

もしあなたが摂食障害に悩んでいるなら、「どうすれば良いのか…」と途方に暮れ

ていらっしゃるかもしれません。

   

摂食障害についての当院の見解

拒食症について

     
体重を減らしたい、スマートな体型でいたい。

そういう願望は誰にでもあることです。

適切な体重管理、食欲のコントロールは、健康面でも重要です。

しかし、ストレスによって必要以上に、異常に食欲が抑制されてしまう場合があります。   

■ストレスが強く、食欲が起こらない

精神的ストレスは、自律神経の働きを阻害し、様々な体調不良が起こります。

すると、生命活動に必要な食欲が発揮されず、食べる量や食べ物の種類が減っていく、更

には何も食べられなくなってしまうことがあります。

■食べないことで、ストレスを解消しようとする

拒食症は、体重が増えることに対する恐怖心から起こることが多い症状です。

人間関係のストレスや孤独感で自尊心が傷つくと、体重を減らすことで自信を回復したい

という思いが強まる場合があります。

過食症について


過食症と拒食症は、セットになって繰り返される場合がとても多いです。

ストレスが関与している可能性が高いと考えられます。

■ストレスが強く、食欲が異常に増進する

ストレスによって自律神経の乱れが起こると、脳の中の満腹中枢が上手く働かず、食欲が

止まらなくなる場合があります。

■食べることで、ストレスや緊張を解消しようとする

体重が増えることのへの恐怖心が強くなると、その緊張から逃れるように、逆に食欲が止

まらなくなる場合があります。

だから、拒食と過食は交互に繰り返されることが多いと言えます。

また、食べることの快感で、ストレスを紛らわせようとすることもあります。


摂食障害を治すためには…?


上記のとおり、摂食障害は、

①自律神経の乱れ

②精神的ストレス

この二つが、根本的な原因だと、当院では考えています。

逆に、この二つの他に、摂食障害の原因はないといえます。

自律神経の乱れとストレス。

このふたつの原因を、当院の整体療法で取り除くことが出来ます。

当院の整体療法

摂食障害、拒食・過食症が根本から改善されることを目的とした治療です。

自律神経の調整

              軽く触れる程度の刺激のみで、全ての施術を行います。

              自律神経の働きが正常化し、安定していく治療です。

              自律神経の働きが良くなれば、食欲が正常にコントロール

              されるようになります。



必要以上に食べたくなる、全く食べられない。そういったことが自然となくなります。

必要に応じて、適切な食欲がわいてくるようになります。

身体の歪みを治す治療

            歪みを治す治療も受けて頂きます。

            歪みが取り除かれると、筋肉や内臓、神経にかかる負担が軽く

            なり、体調不良の改善に繋がります。


当院の歪み治療は、熱を測るのに額に手をあてるような、軽く触れる程度の力のみで行い

ます。

患者さまのお体をひねったり、強く押したりすることは一切ございませんので、ご安心く

ださい。

精神的ストレスを取り除く治療

              気功と心理療法を組み合わせた、独自の施術方法です。

              「整体でストレスが解消?」と不思議に思われますよね。

              もちろん、洗脳のような怖い方法ではありませんので、安

              心して受けてみてください。

精神的ストレスは自律神経の乱れにつながります。

ストレスが解消されれば、精神的に楽になるのはもちろん、体調面でも必ずプラスになっ

ていきます。

過食・拒食症、摂食障害を改善された患者さまの体験談

体の歪み 、過食・嘔吐、無気力、腰痛 20代 男性
      
      私は、仕事と趣味の両立、腰痛によるスランプが原因で、摂食不良がひどく

      なりました。2年ほど前に、心療内科で投薬治療を受けましたが、投薬治療

は作用のあらわれ方に個人差があるため、私は薬の効能を信用できずに余計に不安になり

ました。また、服用しても過食嘔吐は収まりませんでした。完全に自分の力で治療する意

思がなくなり、薬の摂取も2ヶ月足らずで止めてしまいました。それから1年半程たち、精

神的にかなり追い詰められていた時に、母が一緒に病院へ行こうといくつかの治療院を薦

めてくれ、どこにしようか悩んだ結果、腰痛にも効果のあるこちらの治療院に決めました

。治療室は予想していたよりもかなり小さく、本当に効くのか不安でしたが、先生の説明

を聞くと何となく理解することができました。ここの治療は、カイロや気功、心理療法で

、自律神経を整え、人間の本来持っている自然治癒力で治すといった内容でした。先生の

丁寧な治療で、私の気功に対するオカルト的な不安も解消していきました。治療を受けて

、2回目で効果があらわれてきました。劇的ではありませんでしたが、ゆっくりと着実に

回復していきました。徐々に感情の起伏が緩やかになり3ヶ月たった現在では腰痛はほと

んどあらわれず、精神的な安定が得られました。家族からも明らかに様子が変わったと言

われます。また、一番の収穫は自分自身で病気を治そうと、読書や柔軟体操など色々な事

にやる気が出てきたことです。これからも、回復に向けて、治療を続けたいと思っていま

す。

      過食症、うつ、動悸、不安、パニック 20代 女性    

      10年ほど前無理なダイエットをして拒食症になり、過食症になりました。会

      社に行くようになると仕事と人間関係のストレスから、うつや動悸などの様

々な症状がでてくるようになり、過食症も日々悪化していく一方で、精神的に追い詰めら

れる毎日でした。そんな時にインターネットで「カイロプラクティック」を見つけました

。整体で自律神経をどうやって治すんだろうという疑問はありましたが、薬や病院に頼り

なくなかった私は通ってみることに決めました。実際治療は何をされているのか良く分か

らないまま終わりましたが、1回目の治療の後ずっと悩まされていたうつ症状や動悸が軽

減され、あきらかに今までの自分とは違う感覚があり、4回目には10年以上も続いていた

過食症もほぼ治まりました。以前は急に不安に襲われたり、パニックに陥ったりする上に

常に無気力状態でまともに生活ができない事が多かったですが、今は周りのストレスから

強くなったおかげかそういった症状に悩まされる事もなく、精神的に落ち着いた生活をお

くれるようになりました。

        うつ症状、過食、イライラ、生理不順、PMS(月経前症候群)30代 女性

        子供の事で、大きなストレスを抱えてしまい、半年以上うつ症状

        、過食、イライラ、むくみ、だるさ等さまざまな不調が続きまし

た。内科や精神科、カウンセリングにも通いましたが、出される薬も体に合わず酷

い状態でした。そんな時、友人にカイロの先生のことを教えてもらって、直感で自

分に合うのではと思い、伺うようになりました。とても、親切で丁寧で優しい先生

にお会いして緊張が解け、一回目の治療ですぐに元気になる感覚がわかりましたが

、三日ほどでまた元に戻るという状態でした。4回目くらいから以前のように調子が

悪くならないし、イライラもほとんどなくなったかもしれないと自信のようなもの

が出てきて治療の間隔もあけられるようになりました。また、期待していなかった

生理不順やPMS(月経前症候群)も良くなっていて、先生の不思議な力に感謝の気

持ちでいっぱいです。不思議な治療だけに受ける側も絶対にこれで治るんだ!とい

う強くて前向きな気持ちが助けになってくれると思います。ありがとうございまし

た。

体験談を寄せてくださった患者さま、ありがとうございました。

これからも、皆さまのご健康をしっかりとサポートさせて頂きます。

あなたにも、早く辛い拒食・過食症から解放されて、あなたらしい生活を過ごして

頂きたいと思います。